忍者ブログ
HOME   »     »  Audi Q5-2013年8月からお世話になってます。 Audi Q5 S-line  »  Audi Q5-2013年8月からお世話になってます。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .12.18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Audi Q5 S-line


全長*全幅*全高 4635*1900*1660mm
ホイールベース  2810mm
車両重量     1870kg
最高出力     211ps(155kW)/4300~6000rpm
最大トルク    35.7kg・m(350N・m)/1500~4200rpm
エンジン     直列4気筒DOHCICターボ
総排気量     1984cc
燃料タンク容量  75リットル
燃料種類     ハイオク
ステアリング   パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション前 5リンク+スタビライザーバー
サスペンション後 トラペゾイダル+スタビライザーバー
ブレーキ前    ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後    ディスク
タイヤサイズ   235/55R19
最小回転半径   5.4m
燃費       10.6km/リットル



高嶺の華のようなクルマですが、知り合いのコネクションをフル活用して爆安で乗ることができるようになりました。
高速道路の安定性、雪道の走破・安定性はもちろんのこと、今まで乗ったクルマとの大きな違いがシフトの「スポーツモード」。
マニュアルシフトのクルマで運転していると、カーブや坂道、下り坂。道路が変化するときにエンジンブレーキを効かせたかったりシフトダウンしたかったりするわけですが、今までのお車はスポーツモードに切り替えても引っ張りすぎとか、シフトダウンしてほしいのにしてくれないとかもどかしさがあったわけです。
今のところ、それが一切ない!!これは快適すぎます。
AT車で初めて運転していて楽しいと思えるクルマに乗れて幸せです。

あと思ったのが、最近のクルマは物理的な機械というより電子的な機械に変わったなというのがよくわかります。
リアハッチバック、サイドブレーキ、オイル残量確認など全てスイッチ。
ワイヤーで引っ張ってギアで止めてるなんて物理的なものではなくなってきてるな。車屋さんで直せないクルマになっていくんだろうなと。

ディーラーにお伺いさせてもらい話を聞くと、AudiとBMWは学習機能が付いていて、ドライバーの乗り方(癖)を学習していくそうだ。ブレーキの踏み具合とかハンドリングとかかな。
そんなことを学習して、より快適なドライブになるように提供してくれるんだと。
すごいことになってらっしゃる。

今後、気付いたところや細かな点を報告していきたいと思います。

拍手

PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
ブログ内検索
スポンサードリンク
最新コメント
(04/16)
(06/13)
(01/20)
(11/19)
(11/10)
最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31